お決まりの日々?

モモの節句でございます。

観たモン、観ているモン、観るモン

三月で終わるアニメやドラマをいくつか観ていました。
a) マジンボーン
b) ヒーローバンク
c) ファフナー続編
d) 七つの大罪
e) 弱虫ペダル
f) 牙狼~炎の刻印 ←脚本:小林靖子
g) 夜ノヤッターマン
h) 四月は君の嘘
i) ウロボロス ←ヒロイン:上野樹里
j) セーラースターズ(再)
k) 赤毛のアン(再)

書き出して見ると、思っていたよりもずっと多くて驚いた。

a)~d)は、置鮎さんご出演情報があって見ていたもの。
d)はブロックノイズが激しく、まともに録画できない局なため、録画していなかったけれど、
ノイズまみれでもいいから浅田真央さんを、プルシェンコさんを観たいと録画したら、
驚くほどまともに録れていたので、途中から録画しました。

お芝居とか、映画とか、「これが観たい」と思って時間を作って場所に赴いて見聞きしたものへの
集中力はそれなりにあると思うけれど、時間と録画可能残量に追われて、
倍速でいいやと思ったままのものに関しては愛着もわかなくなっている状態に、
新しいものを受け入れにくくなっているおのれの退化を感じて、怖い。
一話抜けたとか、途中から録画できたものもあるけれど、絶対再放送をおさえちゃる、という
待ち伏せ力の勢いも乏しくなってる。失敗したときには、ああっと思うのだけれど。
ネット配信で欠けたところを補ったものもある
(ご出演作じゃないものは、保存しないことのほうが多い)

後一話残っているものもある状態で、面白く観られたと思ったのは、
e)、g)、h)、i)、k)

g)は、最終話一つ前を録画しそこなう(Bパートから見た)というアホをしでかして、
無料配信で補完しました。タイトルはそういうことか、とすーっと気持ちの中で収まったのが
気持ちよかった。
 夜明け前が、一番暗い。物語の始まりが夜で、どんどん夜は深く暗闇に被われていったところで、
大逆転。
分りやすいお話で、べたべたの構成も、あの歌も、あの武器もと、満足度の高くなるアイテムを、
安易かと思えるほど全部投入しちゃって、1クールものにした感じ。短い分、だれる事も無くて
見やすかった。

h)は、「マイメロ」の柊恵一さんのヴァイオリン担当が、長原さんだったことから、
アニメ=子供向けと侮ってはいかーんと学習して録画。演奏シーンは物語以上に楽しかったし、
物語りも母の死という呪縛をどのように糧にしていくのかと、希望をもって追いかけてました。

i) イケメン二人が主人公と男性二人のアップが良く取り上げられていた印象の「ウロボロス」ですが、
私にとっては上野さんの上手さが染みるドラマになりました。

k) 放送当時は、親の老化・死というものがわが身から遠く、印象が少なかった終盤のエピソードが、
最終話のアンの年齢を軽く越した今観ると、重くのしかかってくる。一年という長さを感じさせない力がありました。
 時間を経て見返すと発見がある良い作品を、これからも大切に再放送して欲しいと思った。しかしこの枠、
4月からセーラームーン。セーラームーンは、自転車に「ジュピターちゃん」と名前をつけるぐらいに好きだけど、
私の楽しみである名作劇場の再放送枠がなくなってしまうことがさびしい。

e) スポーツモノの宿命なのか、話の展開が遅い。倍速視聴ゆえか私の気持ちが付いていけず
乗り切れない時もたまにはあったけれど、興味をひきつけられるエピソードも多くて、
チョイ戻して標準再生で観たことも。ラストはほっこり。成長する主人公(気持ちのいい性格)だと、ほっとします。
 御堂筋氏の生理的不快感をげんなりするほど与えてくれた声優さんは凄いと思いました。
この方に対するダメ絶対音感が育ちつつあります。

a)は石田彰さんの声がいい具合に耳に引っかかり、置鮎さんの馬が退場後、長い番組だった割には
楽しく観られた印象。声優さんを聞き分ける聴力「ダメ絶対音感」が無い私には、
声だけで「あの人だ」と分る声優さんは貴重なのです。男子校での変身モノ、プリキュア似の一話のゲストは、
その前の番組の録画終了後処理で、チャンネルが合ったままモニターに映されていた状態で石田さんだよねと思い、
初回は最後まで見ました。レギュラーメンバーでは無いようであったので、その後はたまに一部を見るぐらい。

b) デボラ氏は面白いにぎやかしキャラさんだったのだけれど、最終回まで主人公に親しみを感じることが出来ず、
お話の筋にもなじめず、これでBD-Rに移せると思って、ほっとしました。

j) 朝の枠で、無印から全話を放送してくれたテレビ大阪に感謝。
 私はこのシリーズは、キャラモノだと思っていて、主役側キャラの魅力が強かったのは無印とS、
敵方は無印とあやかしの4姉妹、アマゾントリオが好きでした。
 スーパーズをアマゾントリオ退場後、数話で脱落し、スターズも見ていなかったので、新鮮ではあったけれど、
今の状態でも面白さは分らず。最終回前に魅力が分りやすくなることもあるので、
今週は2~3話まとめ放送で完結まで放送されるのを完走する予定です。


4月も続くもの
あ) 名探偵コナン
い) ヴァンガード
う) 暗殺教室
え) JOJO
お) ガンダムビルドF トライ
か) ガンダム Gレコ
き) ルパン三世 パート2(再)
く) テニスの王子様(再)
け) スーパーヒーロータイム 
こ) 題名のない音楽会 (土曜日の放送がなくなるそうな)
さ) TAKARAZUKA カフェブレイク


あ) 支部長の出番が少ない。

い) 沖矢さんほかの出番を待ってます。

う) 殺センセーの声がヤングさんじゃないことに衝撃を受けた初回。話が面白くて、いまはとても気に入っています。

え) 話を知っているのに、先が観たくなる。まとめて見るとすっきりする。

き) 私は次元派。

く) 青学の柱は、すみれちゃんと大石のおっかさんコンビだと思う再々放送。
 手塚がドイツに行ってしまった。
 週5放送から週4放送になって、手塚さんと再会できる日まで時間がかかるのがもどかしい。
 この頃の、若さゆえのチャレンジ力なのか勢いが、しっかりしているようでも中学生という
キャラクターの魅力になっていると私は思います。経験を重ねた上手さ安定感とは別物の魅力が、
昔の作品で感じられるのが、声優さんのファンとしては美味しい。年齢かなり以上に見られる外観から受ける
落ち着きのある、達観しているような印象を裏切り、けっこういっぱいいっぱいなぎりぎりな感じの充満した若さが
にじみ出ているのが手塚さんのかわいらしさ。なんてったって中学生だモン!
 再々放送で不二兄のふてぶてしさすら感じさせる得体の知れない恐ろしさの魅力を、
みしみし感じるようになったので、不二兄の活躍を楽しみに、手塚さんの不在期間を乗り切る予定です。

け) 視聴がやっとドライブに突入。今のところは鎧武よりとっつきやすく感じるのは、
 ヒロインが話をしっかり動かしているところにもあると思う。ダブルのヒロインも強かったなあ。


4月から始まるもの
1) 銀魂
2) 天皇陛下の料理番
3) アルジャーノンに花束を
4) ベランダー二期
5) 忍たま 23期

1)4)は、帰ってきてくれたから。
2)3)は、主要キャストより。
5)は置鮎さんキャラの活躍を願って。本日放送の一話は無かった。

まだチェッくまできていないので、もう少し増えると思います。

ニノさんとKinkiのブンブ…は続いてくれるのかな?
BS1やBSプレミアムの、昔の番組の再放送は視聴したくなるものが多いです。
(プレミアムアーカイブスが、カフェになって、森田美由紀さんが担当を外れてしまうことが残念)
クラシック音楽館とプレミアムシアター、クラシック倶楽部は時々。
フィギュアスケートや皇室関係もなるべく。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3939-c34dcf1e

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。