お決まりの日々?

モモの節句でございます。

雪DC『アルカポネ』(内容については書いてません)

チケット難の公演ですが、先輩の長年の経験に基づく的確なご判断のおかげで、
観劇が叶いました。
きたくま(帰宅)して、だいもんさんの響きを思い出しながら、
見られて良かった~と感謝感激しています。
一花さまが相手役(違)だった、花バウ『ヴィクトリアン・ジャズ』のときより、
格段に進化されているように、それは私の耳の能力がましになったからだけで、
彼女自身は昔から、今日感じたように素晴らしかったのかもしれませんが、
本日、素晴らしいと感じました。

舞台では、『華やかなりし日々』のヒロイン(踊り子)の服で、ヒロインが登場、
『ラストタイクーン』の「5セントの夢」のエピソード、
二人の会話シーンの連続で、事件がばたばたと過ぎ去っていく構成に、
このへんに作家のこだわりがあるのか、作家の理想の作品ができあがるまで、
手探りや焼き直しを続けるのかしら(私が好きな大野先生やサイトーくんと同じく)、と思ったりもしましたが、
役者は素晴らしくよく、絵巻物をザーッと流し見するような速さで進む物語に、しっかり肉が付いいて、
(主演さんは華奢で、マフィアのドンという言葉でイメージでする恰幅のよさとは無縁でしたが)
もう一度見たいと思わされました。

頬の傷の経時変化は凄かったですが、BJ先生以上に思い切った黒々とした傷になって、
そこまでせんでも、と思ったのも事実。原田先生のこだわり?

はっちさんの役が「パパ」・トーリオと呼べといい、以後ずっと信頼関係が崩れなかった二人。
だいもんさんとはっちさんの関係に、花組公演だったか、と思ったけれど、これは雪組公演でした。
踊るだいもんさんに、蘭寿さんのラインを感じたのも嬉しかった。
花組で輝いていた才能が、雪組に移って満開になっているのだなあと。

ヒロインは、イタリア人にはない、アイリッシュの美貌、の説明に納得させられる迫力のある美貌でしたが、
歌の魅力がある方の相手役には、響く声が美しい方がいいなあ。
気持ちの高鳴りの表現には、歌やダンスのほうが盛り上がるので、
ぜひだいもんさんの歌を生かしたシーンを聴きたい。美声のヒロイン希望を希望します。

台詞がしっかり聞こえる方がほとんどで、台詞の言い直しをするシーンもあったけれど、
それでも自然に、きちんと伝わってきました。
とくにだいもんさん! 台詞からして響いている。その響きのまま、歌になる。
歌詞が音がついた、響きを持った言葉による台詞として、だいもんさんの後ろからまっすぐ立ち上って、
そのまま劇場の客席まであふれてくる、という感じ。
8月末から、あるコーラスに、指導者に魅かれて入ったのですが、
その先生がおっしゃることを、だいもんさんは体現されているように、勝手に感じました。
いわく、
・まず言葉ありき。歌詞を音の中でおしゃべりする
・口の中が上下、前後に広く開いている。その状態は変えない
・鼻より前に声が出ない。声が後ろから鳴っている。
・耳の前のくぼみが声のスタート地点
・口は横長方形(縦に開かない)
・上唇の上に電光掲示板があるように台詞がそこに乗っている
・母音は舌と上あごでつくる(あごは使わない)
・母音の響きの上手さが、歌の上手さを決める
・子音は音の前
・きちんと準備した状態から始まる。不用意に声を出さない
などなど。

先生は宝塚歌劇の生徒さんも教えておられると伺っていますが、
だいもんさんが生徒さんだったらいいなあ。

だいもんさんが演じるアルカポネさんも、彼に魅了される人々も、しっかり見たつもりでしたが、
衣装は男役娘役とも、マフィア/踊り子で似てしまっていて、
メモカ騒動で雪組から離れ、生徒さんを覚えていなかった私には見分けが付かなかったのが
もったいなかったです。脚本家と捜査官の衣装はがらっと変えて欲しかった。
だいもんさんの響く声の仕組みを知りたい、と意識を持っていかれていたこともあります。
口の中の空間とか気になって、お顔を見すぎて全体(セットの代わり映えはあまりない)を
見られなかったのに、気持ちが残ります。

主役にベクトルが向いている芝居は、分りやすくて見やすいので好きです。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3946-3dde2c6a

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。