お決まりの日々?

モモの節句でございます。

眼科に行って笑われたはなし

アレルギー性結膜炎があるので、眼科で目薬を処方してもらっている。
コンタクトも、毎日ではないが使う。連用はアレルギー性結膜炎のためにしないようにと
ご指示をいただいているので、そのように心がけている。

一回に処方される目薬は2本(計10ミリリットル)で、サボり気質の私でも、通院せざるをえない。
定期健診といわれているわけではないが、結果的に定期健診になっている。

始めはがっつりくれたらいいのに、と思ってはいたが、9年を越した今、これがなかなか良い。
9年もなると、私のアホさもばれているので、臆することはない。
症状が起きる状況を具体的に言ってしまう。
「舞台やコンサートで、一番見たい人が、途中から二人に見えてきて、見づらいです」
「双眼鏡をつかうと、タカラジェンヌが二人に見えるので、片目で見ていますが、悔しいです」
それは、軽い内斜視があるゆえ、一つの像にしようと筋肉は緊張させられている。そこに、
しっかり見ようと気合を入れると、頑張りすぎた筋肉が疲れてしまって、複視の症状になっているのだろうと、
推測してくださった。
子供の斜視に使う筋肉を休める点眼薬を処方されたが、
この薬で瞳孔がぱかーんと開いてしまうので、非常にまぶしく目が痛く、モノがぼんやり見えて危険なので、
寝る前にさして、暗所6時間(できれば8時間)の指示が付いている。
短い睡眠時間を、電車の中や昼休みのバタ寝でごまかしている私には、使い勝手が悪く、
それでも断続的に使っていたが、一瓶を使った時点で使用をやめた。

ここまで前置き。
今回笑われたのは。
医師「硝子体剥離がないか診ようと思ったが、瞳孔が小さいのでふちのほうが観察できない。
 まぶしい光がちかちかするような症状があれば、散瞳させて診ますから、来てください」
た「瞳孔が小さい……だからモテないんですね」
医「!?」
た「好きな人やものを見ると瞳孔が開いてきらきらお目目になるといいますよね。
 それを見て、自分に興味を持ってくれているんだなと親愛の情がわくと聞きますが、
 瞳孔が小さい私は、無関心に思われていたゆえに、モテないのではと思ったのですが」
と説明したところで、先生と助手をされている奥様が爆笑。
医「(噴出しつつ)そんなことを言った人は初めてです。
 筋肉が緊張しているから瞳孔が小さくなっているだけで、モテるかどうかは関係ないです」
た「そういえば、内斜視の治療にと子供用の弛緩剤、いただいてましたよね」
医「そうですそれです」

夏に通勤する時に、サングラスがないと辛いのは、絞めて過ごしている瞳孔をさらに絞るため
辛いのではないかと、明るいところの猫の目を思い出してたずねようとしたが、だまっておいた。

こんな感じで毎回ではないが、発見のある眼科通院。

内科も職場から10分。こちらも長いお付き合い。
胃カメラは8時からしているので、検査を終えて職場に駆け込める内科の先生とは、同じ病気もち、
だけれど、深刻感がない症状で治療法もこれというものがないため治療対象にされず
(先生はこの臓器のプロフェッショナルなのだが、難しいと)、本人は辛い病気もちのことが判明してから、
頑張りましょう仲間になっていて、それ以外の症状も、不思議と共通している。
医「前の薬じゃなくて、僕が今飲んでいる薬に変えておきましょう。半年前に飲み始めたのですが、
 このほうがいい感じです」
先生はだいぶと立派な体格だけれど、私と同じ虚証なのだろう。そして必要になる薬も似通っているらしく、
先生がダメな薬はわたしもダメだったことがある。
そして変えてもらった薬は、症状がひどかった時に飲んでいた前の薬と比べて、落ち着いている今、
より効いているのかはわからないが、のどの通りがよくて飲みやすいところだけでもあっているのだと思う。
た「肩が片方だけひどく凝るんです、ネットで検索すると胃が悪い時にとありましたが(私は胃潰瘍もち)、
 胃カメラ受けたほうが良いでしょうか?」
医「実は僕も、片側だけ凝っていて、この間、テレビを身体の中央にくるように動かしたら治りました。
 たまりょさん家のテレビはどんな配置ですか?」
た「!右斜め前にあります!」
医「それです!」
テレビは動かさず、テレビと正対、とまではいかないけれど、椅子を動かしたら、症状はかなり改善された。
悩まず話してよかった。

このおもしろい眼科と内科は、家族にも紹介したのだが、一部にはあんまり評判がよろしくなかったので、
相性は絶対にある、と思っている。

歯科も(私の歯に難しい癖があるので)20年以上通っているが、
こちらは片道一時間以上かかるので、定期健診で引っかかるまい、と気をつけているのがいいのか、
年に3回の通院ですんでいるのもありがたい。難点は、予約が中々取れないこと。
前回風邪でキャンセルしたら、結果的に定期健診が一回半分空いてしまった。

今年、耳鼻科を職場から5分のところから、15分のところに、口コミで変えてみたら、
飲み薬がでたのに驚き、早く治ったのに感激した。
半年後同じような症状が出たときは迷わず、そこへ。残っていた薬で腫れは落ち着いている
との診断だが、やはり声が出なかった。しかし、その日あたりから回復に向かい、だいたいおさまりつつある。
最初お会いした時は、鋭そうな先生だなあと、ちょっとおびえていたのだが、
二回目、三回目とやわらかくなって、前回お邪魔した時にはおなじみさんみたいな
雰囲気になっていた。前の耳鼻科の先生とはそんな感じにはならなかったなあ。
やっぱり、相性って、ある!(二回目)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3959-9d57b94f

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。