お決まりの日々?

モモの節句でございます。

雪組「るろうに剣心」

見てきたので、ガトガト書きます。

映画一作目で、あんなに気持ち悪かった武田観柳が、欲しいおもちゃを入手できて、
はしゃぐ子供のように愛らしいことに驚き、幕が下りて時間がたつと、じわじわ、これもありだと、
かわいらしく思う。子供の喜ぶ顔は見ていて気持ちよいものです。

弥彦が少年で、まっすぐさが気持ちよくて。彼の活躍が、いい風となっていたように思いました。
観柳は弥彦よりガキっぽい。

可愛い顔をしているのに、粗野で男勝りの「男女」と呼ばれる剣術少女は、舞台にはいなかった。
映画で演じた人も好きじゃなかったけど、それよりもさらにイメージが違う感じ。
剣道着が一番似合うと剣心の台詞にあったけれど、豪華な帯の着物やドレススタイルのほうがなじんでいて、
中流よりちょっと下ぐらいのお嬢ちゃんが柄でもないことを頑張っている感じだけど、
本来の可愛く見せたいぶりっ子気質がはみ出てきていて、べったり感があるすわりの悪さで、
帰宅するまでの時間がたって思い出すと、観柳へとは真逆のベクトルに気持ちが向く。
私のイメージする”薫どの”は竹を割ったようなスパーンとしたさわやかさがあるので、「ナシ」なのだけれど、
(剣道着で青竹をバックにするとすっきり決まる感じ。リボンが彼女の奥底の娘心を表にしているぐらい)
宝塚歌劇のヒロインとしては、ねちゃっこい乙女ぶりっ子ぽいのがベターなのかも??
今日はのどの調子もよくなかったみたいで、気持ちを切々と歌い上げるところでかすれていたこともあって、
辛めです。

全体の印象は、コスプレショー。紙芝居を引くように場面が変わる。
いい絵もあった。
おおっとなるサプライズもあった。
でも、端とはいえ前方席で観ているのに、舞台との距離を感じた。心理的な距離。だから泣けなかった。
ショーとしては楽しめました。でも、宝塚歌劇で、それも一本もので、これをやる意味が私には分らなかった。

剣心は、映画より、二次元だった。映画の剣心は、すっばらしい三次元アクションこみで大好きで、
おろ、っといいながらも、男くささがふっと出てくる佐藤健さんの剣心が好きだけど、
早霧さんの剣心もいいと思った。佐藤健さんの親友、くまモンが扮した剣心とも仲よくしてほしかモン!
台詞が捕らえにくいところ、言葉が早くなって飲んでしまうようになってしまうところがもったいなかモン。

モンといえばだいもん。
「歌詞の情景をイメージして」と言われ、「Mondes」に月を浮かべようとしたところ、
”くまモンです”という邪念に襲われ、月の面がイケ熊の顔にジャッくまされる症状に昨夜苦しまされたのだけど、
宝塚で「モン」といえばだいもんちゃん。
(「虞美人」の桃娘がツボすぎたので、ちゃんづけ)
ピンクライトを自装しているだいもんちゃんによる、赤いけしの花を手に、銀橋をわたる「オピウム」と、
下手からせりあがるフィナーレの始まりの銀橋があれば、それで満足。
だいもんちゃんは舞台装置のようだと思った。彼女が歌うと、場の雰囲気が瞬時に変わる。
しかし、だいもんちゃんの今回のお役、加納さんの行動の裏にある気持ち、原動力が分らない。
この感じ、前にもあったわと記憶の糸をたどると、
「BLUE MOON BLUE」と同時に上映された小池先生オリジナル「LUNA」だった。LUNAの二番手役、ブライアンも、
思わせぶりなしぐさや表情が特徴的な、世界制服をたくらむ悪人でした。
(「LUNA」の見所は、インストラクターによる洗脳ダンス。そこは繰り返し何度も観ました)

初登場は、横恋慕している花魁を、身請けしたいけど金はなし、と強盗中の加納さん。いつもは命はとらないのに、
顔をみられたからと、あっさり切り殺す。
新撰組の隊員なのに、隊律を破って、刀で強盗行為を繰り返した金をためているんだと、花魁に迫る。
彼女には相思相愛の人がいた。彼女の恋人を殺害しようとするが、剣心に邪魔されて果たせず。
後に、彼女は結核で死んでしまったと聞かされ、永遠に愛される可能性はなくなった。
(自分が逃げるためと、刃を彼女ののどに押し付けた相手を愛するようになるとは到底思えんが)

鎖国が開けてすぐに(その前かも)、伝もないのに単身フランスに行っちゃって(お友達がいないことからの推量)、
フランスで交渉ができるほどの語学力を現地で身につけた。
貿易商人ジェラール山下となり、フランス商人や日本政府のお偉方と、対等に渡り合えるだけの度胸と才覚も
生まれた。(花魁を身請けする金がないなら、奪っちゃえな短略的発想だったとは思えぬ)
思いついたらすぐ行動のところは変わっていないようだが、行動がいっそう派手になってかき回す、
まうごつすごか(迷惑な)お人になっていた。
しかし、その行動のそこにあるはずの気持ちが見えない(変人すぎて)。
時代は激変期。ほれた女に相手にされなかったのは、社会のせいだ、自分に厳しい世の中が悪いんだ、
と転嫁して、そんな世はぶっ潰して(自分に優しい)新しい世の中を作るんだ、その正義を実現するには、
人斬り抜刀斎の殺人剣が必要、と剣心に強力なアヘンを盛ったり、薫殿を十字架に張りつけてみたりした、
のかなと、勝手に考えてみた。
……ひどい人格破綻者じゃないか。(※ただしイケメンに限る)の但し書きがなかったら、終わってる。

よー分らんお人ですが、声と姿はいい。
がなり歌唱も悪くないけど(がなるとノイズになる人もいます、私もそうです)、
彼女の身体全体から、香るように立ち上る響きが劇場の空気を震わせせまってくる歌い方のほうが好きで、
そういう響きを聞けて、良かったと思いました。

ながながとモンちゃんについて書くほどに、だいもんちゃんが好きなのに、
実は見逃してしまった場面がこの公演では結構ありました。
ほかに目を奪われていたからです。うきちゃんの美しさを再確認して、電流を浴びた思い。
これまでも丁寧なお芝居をされていたのだけれど、ライトが当たる位置にいると、
くっきりと目の前に差し出されて、目を取られてしまう。ファンの贔屓目かも多少あるかもしれないけど、
群を抜く美しさを追いかけてしまいました。
・しなやかで艶を感じさせる長い首
・はっきりとした整った顔立ち。
・表情もころころと変わる。とくに目の表情がいい。大きいから気持ちが伝わってくる。
 顔の作りが素晴らしいから、どの表情もきれい/かわいい/チャーミング。
もっともっと使われて欲しい美人さんです。


好きな場面は、青抜刀斉と赤剣心のダブルダンス。
青紫とお庭番衆の統一された異質さも、それでいてアイドルユニットかと思わせる派手さも好きで、
出てくるたびに楽しめました。
「パルムの僧院」の時は、はあ?と思ったけれど、ルパンの次元も、今回の斎藤一も彼女のスタイルのよさを
活かせる役出よかったと思いました。
(映画に比べると線が細いと心配だった)左之助もよかったけど、斬馬刀が出てこなくなったのは、絵的に残念でした。
恵さんは映画より強そうでした。戦えそうなタイプに見えました。退団公演のポスターに載せてもらえてよかった。
観柳を椅子に拘束して「(アヘン中毒)患者の苦しみを~」と言い、材料が半分で二倍の効き目、4倍のもうけがある
「くもの糸」が広まるとアヘンで国は滅びると大変うれいていたけれど、
恵がぬい針で、通常のアヘンの二倍つよい「くもの糸」の中毒症状が治せる手練れなら、
中毒患者に針治療用の針でぷすぷすいっときゃ、簡単に苦しみから解放させられたのでは、と疑問が残る。

映像をスクリーンに映すセンスは、サイトーくんのほうがいいなあと思いました。「エルアルコン」とか「次郎吉」とか。
ヒロインのラブソングのバックに、剣心のかお・かお・かおの大きな画像展開はくどくて、私は興ざめしました。
(歌声もかすれているところが気になっていたから余計に)
登場人物は多くても、ヒロインの想い人の対象は一人しかいないでしょ? もっと役者を信じてあげて欲しい。
漫画原作の宝塚歌劇の舞台、和モノ・雪組、サイトーつながりで「仁」がすぐ浮かびました。
突っ込みどころはあれど、「仁」のほうが好きと感じるのは、私がサイトーくんのおたくらしい影の部分に
親和性があるかもしれません。(はっちゃけ解放オタクな部分は、陰性なのでちょっと苦手みたい)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3971-84e8e8ca

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。