お決まりの日々?

モモの節句でございます。

7月星バウ『One Voice』

時期を逸した~、その4。
見られるとは思わなかったので、見せてもらえて大感謝の、『One Voice』

なのに、まさかの人身事故で電車が止まり、なんとか到着したのが開演4分前?

盛りだくさんすぎて、ちょこっとしか書けない。
知っている曲もあったけど、知らない曲、そういえば聞いたこともある曲も多くて、
「懐かしい曲」とみっちゃんは話していたけれど、どの年齢層をターゲットにされたのか、謎。

短いけど、畳んでおきます。




星バウ「One Voice」

聴く、のではなく、場を体感するイベント、エンターティメント。
もっとみっちゃんの歌を聴きたかったけれど、それでもとっても満足。
みっちゃんは気負いなく、舞台にいる気がしました。
とても自由だった。それは彼女の持つ、確かな高い技術力とハートがあってこそ。
歌の語源が「訴えたい」だと、にぎやかな中にもしみじみと感じさせる時間でした。
応援してくれたファン、支えてくれているスタッフさん、ともに舞台に立つ組子だけでなく、
これまで作品を一緒に作ってきた人々への愛と感謝の気持ちと、
宝塚のこれからを支えていく若手を今後もごひいきに、
目をしっかりあけて、覚えて、応援してくださいとの、との親心のような、粋な心意気にあふれていました。
不思議なのは、紅さんたちはこのコンサートに出ていないんだけど、紅さんがいるような空気があったこと。
みっちゃんってほんっとすごい。
自分をよく見せたいとか、、トップスターとして輝く自分を見て記憶にとどめなさい、じゃないんだよなあ。
トップスター様、していないみっちゃんは宝塚のトップとして、異質かも。

こんなハチャメチャなコンサートは初めてで、そしてとても楽しかった。

舞台の中央ヘリに腰掛けて、足ばたばたしながらのトップコンビのデュエットは、
にやにやしちゃうようなものだったし、
礼さんと風ちゃんの同期デュエットに、19年目にしてやっと見つけた運命の相手なんだから、
手を出すな、とけん制していたときの、風ちゃんの幸せそうな顔も良かったです。
ラストサムライでも、礼さんのがんばりは、風ちゃんに手を出すところに向かうのでしょうか、楽しみっ!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3982-e3270ac1

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。