お決まりの日々?

モモの節句でございます。

バスタオル問題

バスタオル問題、便座問題、というのがあるそうです。

使用後のバスタオルは、毎回洗うか、数日使用してから洗うか。
使用後の便座は上げておくか、下げておくか。

これらは結婚後の男女の認識の差として、有名なもの、らしいです。
この話が出たとき、会場は、あーという雰囲気に感じられたけれど、私にはピンと来ませんでした。

ちいさなことでも「何でも私(僕)ばっかり我慢しなくちゃいけないの」と、積もり積もった不満が、
それ自身は大きなことではない問題(この例ではバスタオルや便座)で噴火してしまう、ということには
なるほどと思ったけれど。

私自身は、乾燥した国で、シャワーを朝晩(昼も)浴びる家庭にお邪魔したとき、
タオルを朝昼晩と使ってから洗濯するその家庭のルールは合理的だと思ったけれど、
湿度の高い日本だからか、テレビ番組か何かで、濡れたバスタオルに雑菌が大繁殖しているのを知ってからは、
毎回バスタオルを洗う派(実家も毎日洗う)、
そして、干す場所に困る乾きにくい厚手のバスタオルをやめて、毎回フェイスタオルで拭いて洗う派、
今は、使ったフェイスタオルを水ですすいで干して、次の入浴の時に洗濯して干す派、
と楽なほうに流れています。

だいたい自分と違う考えの人を説得する場合、
なぜその派閥(?)に属しているか考えないと言葉も浮かばないんじゃないか、と思うので、
タオルを毎回洗濯するのは無駄、という人の理由を考えてみました。
a)洗濯するのが面倒くさい
b)しめったタオルの感触が好き。においやくたっとした感じに快感を覚える
c)お気に入りのタオルが、洗濯によって磨耗するのが嫌
d)水道代、電気代が勿体ない

d)で本当にこまめに電気を消して、と省エネルギーに励まれている方なら、仕方ないかな?
フェイスタオルのほうが、より省エネルギーになると思うので、提案してみようかな。
b)c)は、趣向なので、すり合わせるよりも、この件に関しては別の道を行ったほうが幸せ。
ホテルに宿泊した時に、毎日タオルが変わる事に文句がないような人なら、a)でしょう。
自分が洗うのが面倒なだけで、他人が洗うなら、洗い立てでも数日使っているものでも気にしないなら、
毎回洗いたい人が洗濯を引き受ければ平和解決。
ついでにふわっふわタオルの洗い方、干し方を目指していけば、
数日タオル派もふわっふわの気持ちよさに目覚めて、同じ道を歩けるかも。
「こだわり」の域にはいると、そろえるのは難しいだろうから、己が道を進むと宣言して進むのが平和、
「面倒くさい」ぐらいなら、手間を欲求するほうが、その手間を請け負うことを宣言すれば、まず平和。


トイレの便座問題。
男性が使用後に下ろさないと、夜中に(寝ぼけた女性が)便座に嵌ってトラブルになるらしいです。
下ろさないのは、面倒くさいから?
便座を上げる/下げるその一秒が我慢できないぐらい切羽づまった状態なら、
困っていないほうが、便座は上がっているもの/下がっているもの、と認識を変えたほうが、
同居人への思いやりを感じられていいと思います。
(間に合わなかったら、双方悲しい、嫌な思いをすることになります。より悪い状況を回避できる方がいいのでは)
気遣ってもらった方は、感謝の気持ちを忘れてはいけません。

劣るほうが、相手にそのことを告げて、厚意を頂く形にすれば、
面倒くさいことでも、気持ち的に余裕があるのでやさしい気持ちでしてくれるかも。
私に合わせるのが当たり前、やってくれて当然、だと、イライラ貯金残高が増えることもありそう。
先日、ある夫婦(まもなく元夫婦)の奥さんが、「負けるのが嫌なんです!」と主張していましたが、
相手が喜ぶなら負けてあげることができるのが愛と私は思うので(相手のよろこぶ顔>自分の苦労)
いくら「愛している」とラインで連呼しても、
(いつも負けてくれる)あなたは、私にとって都合がいい(勝たせてくれるので気持ちいい)、
と思われちゃうんだろうなあ。男側はどんどん冷めていくのを目の当たりにしました。

さて、個人的には、なぜ便座が上がっている/下がっているの二択なのか、疑問です。
「蓋」は何のためにあるのか。
蓋カバーが一般的に売られているのは、閉まった状態が美しいとされているからなのではないでしょうか。
日本のホテルだと、「消毒済」と印刷された紙がくるりと巻かれた状態で蓋が閉まっている印象があります。
モデルルームのトイレも蓋は閉まっている。
実際「蓋」は、そそっかしい人(私じゃよ)にとっては救いでもあります。
ヘアピンが飛んだり、化粧品の蓋が勢い余って飛んで、嵌った時には泣きたくなります。
そそっかしいひとは、自分のそそっかしさゆえ、蓋をしてもらえると助かると
自分に負があることを告げて協力をお願いすると、
同居し始めの愛にあふれている時期なら受け入れてもらえるのではないかしら。
また、その後の臭いは消臭スプレーだけでは難しいこともあります。
そそっかしくない人も、自分のもしくは同居人の臭い問題で蓋に助けてもらえます。
毎日使うトイレ。21日間続けると習慣になるといわれています。
3週間後には、「便座問題」が発生しない、使用時には蓋や便座を動かすトイレに変化を遂げているでしょう。

男女共用の職場のトイレは、昔は蓋が閉まっていないこともありましたが、
いつからともなく、常に蓋が閉まっているようになりました。
先日女性3人で泊まったホテルのトイレも、いつも蓋は閉まっていました。
ショッピングセンターのお手洗いで、勝手に蓋が閉まり、近づくと開くものもありますし、
手を近づけると蓋が開くものもあります。

「蓋」は大切なものです。蓋に愛と感謝を!

蓋への感謝の想いがほとばしり、ずれていきましたが、
書き始めたきっかけは、認識の差異で、男女がすれ違ってしまう、ということは理解できたけれど、
なんでこんなことがずっと問題にされているのかと分らなかったこと。ついでにブログネタにしました。

実際、まったく別の人間が二人以上住むというのは、難しいのでしょうねえ。
ぬいぐるみさんとの生活はまったく快適ですよ、ふふ。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3992-a26da28b

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。