お決まりの日々?

モモの節句でございます。

新しいライダー

新ライダー、見ました!

変身後のライダーの背中から続くラインが健在で、ワクワクしました。
よいものは良い。
変態は変わらないので、明朗なそれを目指します。

宝塚宙組大劇場公演『神々の土地』で、
二番手さんがされている役は、「美しいもの好き」を貫いている方で、
その突き抜けぶりが爽快です。
お話自体は、ぜんぜん、まるっきり救いのない、重くしんどいものなのですが、
誰に何と言われても気にされず、己の趣向に正直に、
チャンスあればソフトな(相手に不快感を抱かせない)お触りにいそしむ彼の姿に、
励まされました。美しいものを偏執に求め、愛しつづけること、それも突き抜ければ、
変態と言い捨てられないすがすがしかモンに昇華されるのかも。
彼は、彼が美しいと認める対象を、見るだけで満足。無害どころか、対象のピンチには、
己の身の危険も顧みず、全財産をぶちまけられる、貴重な方なのですが、
後半はともかく、美しいものを見るだけで満足するのは共通している、かも!
と、二番手さんご自身が大変な美形なので、見ているものの目に優しくも麗しいという
大きな差にも目をつぶって言い切ります。

いいよねえ、あのライン。手の表情も好き。
番組終了時には、裏紙が走り書きスケッチで埋まっていました。

CGの技術が、目もくらむようなスピードで進化を続けていることは、特集番組などを見て
知ってはいるのですが、ただ立っているようなシーンでの収縮している筋肉の、
すぐに動ける状態の柔らかさを感じさせる存在感や、
キックの「重さ」を表現するところまではいけてないんじゃないかなと、
前ライダーまでの、いかにもCGっぽいシーンで、気が抜けた炭酸水を飲んでいるような足りなさ
(個人の感想です)に、脱落しちゃったのです。

見所は沢山あるほうがいい。
(スーツはぜひシンプルなままで!)

完走したらしたで、「真の結末は劇場で」「続きは販売メディアで」の戦略に、心を乱されそうなのだけれど、
お話もとても気に入ってしまったら、そういう形でも彼らを見られることは喜びであることを、
『電王』で知っちゃっているから、始まったばかりの新しいライダーをとっても好きになれればイイナ
と期待しています。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/3997-88f57ee2

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。