FC2ブログ

お決まりの日々?

モモの節句でございます。

半青からの、解放。

兎に角、雑い。
完全、酷い。

放送がやっと終わりました。
最終週は積み録でした。
私のレコーダーには、佐藤さんと豊川さんも登録されているので、半青と略される、雑な15分絵物語も予約を取り消さない限りは、日に4回も録画されます。
録画リストに、これが並ぶ苦痛。
主演女優さんは、窪田さんの登録で録画してくれた「僕たちがやりました」で、いい印象を持っていました。放送中に、菅田さんで録画された「帝一の国」も良かったです。
「義母と娘のブルース」の麦田店長や、「〜、とは?」にかなり引っ張られているなあと思いながら、
でも、しんどくて、
「半分白目」タグで心の準備をして、先に「半分ホラー」を読んでから、流し見をしていましたが、先週土曜日の青い蝶のくだりで、焼き秋刀魚の目になってしまい……。
最終週ははとにかく、兎に角、全部終わったのを確認して、倍速流し見を始めましたが、あまりの滑り具合に耐えかね、これを、まだフリック入力が下手くそなので、ポチポチ入力するBGMにしたら余計に、アラが、画像でごまかされないゆえか「見える」。

私が怒りまくった、種死と同ランクだと思ってます。
種死も、モヤモヤや憤りを、的確にアウトプットしてくださるレビューサイトさまのおかげで、完遂できました。種死は、砂漠の虎さんとカガリがいなければ、見なかったと思う。

半青も、半分白目タグがなければ、白目で紹介された半分ホラーが無かったら、積み録のまま一年後に一括消去していたでしょう。

倍速でもBGMが中々終わりません。白目を追っていると30分はすぐなのに、15分、いえ倍速だから7.5分がこんなに長いなんて。

まだ、5分もある。短冊が来てしまいました。
大変、醜悪。
佐藤さんのドラマでこんな感想を抱く日は、来て欲しくなかったです。

やっとエンディング。
完走できた! 今はそれが嬉しい。

さあ、ブルーレイに移して、より子役さんのドラマとぎぼむす最終回、朝ドラ受けをしてくれた嵐にしやがれをくっつけて、HDDから消してしまおう。

台風一過。
10月からはステキな朝になりますように!


追記

「皆さまの」NHK、で、あまりにも偏った放送を見てしまうと、この違和感は不快感は私だけのものかと不安になり、他の人の感じ方を知りたくなる。
それは、ネットが普及する前でも後でも、若い時でも今でも、私の場合は変わらない。
変わったのは、「実は、……」の意見を、即座に、手軽に、ツイッターなどの匿名SNSで得られるようになったこと。
私だけじゃないんだ、の安心は、同意と述べられていない新たな違和感の発信につながり、声はうねって大きくなる。

朝ドラは役者さん目当てか、地域で見て来たので、上野さんと宝塚歌劇ネタの四姉妹もの、尾野さんの「カーネーション」、窪田さんがヒロインの幼馴染を好演された「あさが来た」、菅田さんが球児の「ごちそうさん」、竹内さんがヒロインの憧れさんだったのも見た。一週間のまとめをみて、ご出演回だけ追っていたら、話についていける脚本だったので、スムーズに入れたし、面白いなと思えたら保存するかしないかは別にして、とりあえず見た。
役者さんや声優さん目当てで見ている私にとっては、ご出演の作品が駄作なら、人質にとられた感覚。
宝塚歌劇の駄作問題もそうですが。

今回気持ち悪かったのは、非難が渦巻いているネット世界に、既存メディアが日に何度も、ごますり記事を投下して来たこと。どこの中国だ、北のクニかとびっくりしました。テレビ、とくにワイドショーの一方向への、それも選挙という日本国民の意思とされるものと真逆な偏りが気持ち悪くて、リモコンのボタンを押せない気持ちに似ていました。メディア不信になるだけの逆効果じゃないの、とスルーしていましたが、1000を超える、9割は批判する、理路整然と不愉快の訳を具体的に綴った長文コメントがならんでいるのに気づき、驚きました。この記事を脚本家自身のツイッターで紹介されていることも、白目タグで知りました。これだけの文章が書ける教育水準の方々を怒らせていることに、ご自身の脚本を「神回」と自薦、拡散される脚本家センセイは、危機感を持たれないようなのが、キョーレツに異質。


既存メディアが、変だけど面白い、ぐらいにしてくれていたら、白目タグもこれほど盛り上がらなかったかも。

ベテランさんの脚本家さんより、市井の皆さまのお話の方が、はるかに大変面白かった。大喜利が始まるとワクワクしました。

・経験がない分野は、しっかり取材しよう。
・他人の意見をシャットアウトせず、そこに理はないか、ニュートラルな視点で見てみよう。
・クレームの中に、宝がある(ことがある)。愛から出たクレームもある。クレームから学べることはないかの視点を持っていよう。
・実るほど頭を垂れる稲穂かな。
学びもありましたし、何より愛があるツッコミは、ささくれた心を撫でてくれました。ありがとうございました。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://okimari.blog26.fc2.com/tb.php/4014-22f1ad2f

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。