お決まりの日々?

モモの節句でございます。

夏ドラマひとつ、見始めました

気持ちが悪い作品に、好きな演者が人質のようにとられている時に、どう対処したら、
自分の気持ちは救われるのかと思う。
見るのをやめてしまえばいいだけなのだろうけれど、見捨ててしまうのは気になる。

宝塚歌劇でこういうすっきりと行かない状況に何度かぶつかって、今よりも若いときには、
劇場で吐きそうになったこともあった。損な時間、体験とばかり思っていたけれど、
今回は役に立った!

ケイタをきっかけにケイタ役の役者が好きになり、私のツボをきれいについてくる、
テレビモニターの中の人が出ると知れば、無理のない範囲で見るようになって、
それが毎回楽しかった。

『「僕たちがやりました。」は深夜番組でないのに、75分枠の42分ぐらいまで、目を背けるような暴力シーンの連続で、
再放送まで録り貯めたものを全部消そうかと思いつつ見続けたら、
やっと好みの芝居がキター! モノローグが好きなの。断然先が楽しみになって、今二話を見ている。

主演がケイタじゃなかったら、42分まで持たずに切っていたので、低視聴率にも納得する。
ケイタ(2008)が高校一年生で、今も高校生役! 彼も妖精さんだ!

で、なぜかお名前で録画してくれる設定にしているのに、8日放送の4話が録れておらず、
3話までは再放送があったので期待したら、4話の予定はなくてがっくり。
番組ホームページによると怒涛の新展開、だったらしい。
ラスト・コップは一話、録れなかったことがあったんだけれど、この件に関しては経験が生かせなかった。

雨の日休暇

ゆっくりと進む台風のおかげで、お稽古事がお休みになったことを、
スマホユーザーでない私に、先生からの連絡を転送してくれるお稽古友からの
転送メールで知る。
先生からのメールより早かったのには驚いたし、
宝塚歌劇のチケットをチケットサイトでゲットして、行ってくるねと
お稽古友から返事が来たのにも驚いた。知り合って間もない、一つ下と思えない
しゃきしゃきとした友人、今日のことにも現れている行動力が、
彼女の充実した人生を作っているのだなあと感心した。
詳しいことは聞いていないけれど、嫁ぎ先の地域は私は通っていた時期があるので、
その地域はなじもうとしない人にはかなりきついところだと知っている。
大好きと飛び込んだ人達を歓迎はしてくれるものの、真に地元の人といわれるまでには時間がかかることも。
しかし、いったん認めてくれたら、仲間意識がとても強く芽生える懐まで入ってしまうと
とてもあったかい土地だということも知った。それゆえ、地域の祭りが続いているのだから、
良い面も沢山あると思う。

さて、陽性でアクティブな彼女と対照的なところにいる私は、
昨日、読もう、と思いたち、ダンボール積み木本棚、
これは文庫本棚の上に、完結している漫画を薬局で貰ってきたシップの箱に入れたものを、
積み木のように積み上げたもので、読みたい箱を取り出すと、上から箱がすーっと落ちてきて、
読んだ後に終うのも簡単だった優れモン、から取り出して、
風呂の中で2巻まで、ずぼらして髪を扇風機で乾かしながら4巻まで読んで、
夜中の暑さに、続きを読んで、と朝までに8巻ぐらい読み勧めた漫画の
続きを読むことにした。

お稽古があるか分らない間は、土日に録画したものから、電波状況が悪くて録画されていないことがある
チャンネルのものをチェックしたりしたのだが。
お稽古の後に行く予定だったところも、天気の情報を見たら帰宅する頃に大雨警報がでてそうなので、
キャンセルさせていただき、一歩も外に出なくて良くなった。

外で聞く雨の音、とくに沢山降る雨の音は、平静でいられないのだが、
安全と思われる室内で聴く雨の音は、しとしとと柔らかいものも、激し目のものも好き。
雨音を聴きながらうとうとしたり、本を読みながら考え事にふけったりするのが昔から好きだったと、
今日本を大分読んでから思い出した。それにしても人の名前をなかなか思い出せなかったりと、
記憶のあいまいな部分が強くなっているのには弱る。

リビング(とといっても間取りは二部屋)のジャロジーにかけてある、大昔友人にレース場で買ってきてもらった
ドイツ国旗が扇風機があたる角度でないのに窓に張り付いたり、大きく揺れたりするのを見るのも楽しい。

この本を読もう、と浮かんだときは、たいていの場合、今必要だったんだと思える。
今回の全21巻、最終巻が出たのは12年前もやはりそうだった。
初めて接した時の記憶、昨日のように、今この本を読もうと思って読み返したときの感情、
そして今の私の中で響くところが重なってくる。
とうに作者さんの年を越えてしまっていて、作者の若い情熱と、思いを一つ残らず
丁寧に紙に残して生きたいという熱いこだわりにみしみしと押され、
衝撃を受けて放心しながら、最終巻まで読んでしまった。

良い波動にゆすぶられたようなすっきりした気分。
明日から頑張れそう。


THE ICE(大阪)

行けて良かった~!
平日昼間の中央線と思えない満員電車、
帰りは改札制限がかかり、えんえんと暑い中を待つつらさ以外は最高でした。
甲子園球場に行っていた時代はかな~~~り前だけれど、阪神電車は優秀だったなあと思いました。
5万5千人の観客がそんなに待たずに電車に吸い込まれて、
勝った日は車内でどんちゃん騒ぎ、負けた日は無言の人たちを電車が運ぶ。
今はどうだか知らないけれど。

行きと、特に帰りはしんどかったけれど、
生真央さんは、全身からとてつもない光を発していました。美しかった。
スタンドの上のほうの席からだったのに、いっそう輝きを感じました。
真央さんづくしの今年のTHE ICE。行くことができて良かったです。

バラードから始まり、真央さんへのリスペクトがあふれまくっているメドレー。
ロングスカートの赤リチュドレス。
蝶々夫人は透き通るようでいて、人妻の妖艶さが漂う、とんでもない色気に目が離せませんでした。
いえ、目を離せるものなんて、一つとしてなかったのですが。
すーっと倒れこむように伏した最期、オペラを見たような衝撃がありました。
かと思うと、佳奈ちゃんとのもう全部写真に撮ってうきゃーうきゃーと叫びまわりたいペアの可愛さ!

好きなスケーターさんはもっと好きになってしまった時間でした。
これからもずっとファンでいさせてください、とあの日から心の中で叫び続けています。
小塚選手を素敵~!と思うと、宝塚歌劇の宇月さんの株も上がってしまうので、
身体表現も素晴らしかった宇月さんのアトス(アとし)を見たくなってます。

バスタオル問題

バスタオル問題、便座問題、というのがあるそうです。

使用後のバスタオルは、毎回洗うか、数日使用してから洗うか。
使用後の便座は上げておくか、下げておくか。

これらは結婚後の男女の認識の差として、有名なもの、らしいです。
この話が出たとき、会場は、あーという雰囲気に感じられたけれど、私にはピンと来ませんでした。

ちいさなことでも「何でも私(僕)ばっかり我慢しなくちゃいけないの」と、積もり積もった不満が、
それ自身は大きなことではない問題(この例ではバスタオルや便座)で噴火してしまう、ということには
なるほどと思ったけれど。

私自身は、乾燥した国で、シャワーを朝晩(昼も)浴びる家庭にお邪魔したとき、
タオルを朝昼晩と使ってから洗濯するその家庭のルールは合理的だと思ったけれど、
湿度の高い日本だからか、テレビ番組か何かで、濡れたバスタオルに雑菌が大繁殖しているのを知ってからは、
毎回バスタオルを洗う派(実家も毎日洗う)、
そして、干す場所に困る乾きにくい厚手のバスタオルをやめて、毎回フェイスタオルで拭いて洗う派、
今は、使ったフェイスタオルを水ですすいで干して、次の入浴の時に洗濯して干す派、
と楽なほうに流れています。

だいたい自分と違う考えの人を説得する場合、
なぜその派閥(?)に属しているか考えないと言葉も浮かばないんじゃないか、と思うので、
タオルを毎回洗濯するのは無駄、という人の理由を考えてみました。
a)洗濯するのが面倒くさい
b)しめったタオルの感触が好き。においやくたっとした感じに快感を覚える
c)お気に入りのタオルが、洗濯によって磨耗するのが嫌
d)水道代、電気代が勿体ない

d)で本当にこまめに電気を消して、と省エネルギーに励まれている方なら、仕方ないかな?
フェイスタオルのほうが、より省エネルギーになると思うので、提案してみようかな。
b)c)は、趣向なので、すり合わせるよりも、この件に関しては別の道を行ったほうが幸せ。
ホテルに宿泊した時に、毎日タオルが変わる事に文句がないような人なら、a)でしょう。
自分が洗うのが面倒なだけで、他人が洗うなら、洗い立てでも数日使っているものでも気にしないなら、
毎回洗いたい人が洗濯を引き受ければ平和解決。
ついでにふわっふわタオルの洗い方、干し方を目指していけば、
数日タオル派もふわっふわの気持ちよさに目覚めて、同じ道を歩けるかも。
「こだわり」の域にはいると、そろえるのは難しいだろうから、己が道を進むと宣言して進むのが平和、
「面倒くさい」ぐらいなら、手間を欲求するほうが、その手間を請け負うことを宣言すれば、まず平和。


トイレの便座問題。
男性が使用後に下ろさないと、夜中に(寝ぼけた女性が)便座に嵌ってトラブルになるらしいです。
下ろさないのは、面倒くさいから?
便座を上げる/下げるその一秒が我慢できないぐらい切羽づまった状態なら、
困っていないほうが、便座は上がっているもの/下がっているもの、と認識を変えたほうが、
同居人への思いやりを感じられていいと思います。
(間に合わなかったら、双方悲しい、嫌な思いをすることになります。より悪い状況を回避できる方がいいのでは)
気遣ってもらった方は、感謝の気持ちを忘れてはいけません。

劣るほうが、相手にそのことを告げて、厚意を頂く形にすれば、
面倒くさいことでも、気持ち的に余裕があるのでやさしい気持ちでしてくれるかも。
私に合わせるのが当たり前、やってくれて当然、だと、イライラ貯金残高が増えることもありそう。
先日、ある夫婦(まもなく元夫婦)の奥さんが、「負けるのが嫌なんです!」と主張していましたが、
相手が喜ぶなら負けてあげることができるのが愛と私は思うので(相手のよろこぶ顔>自分の苦労)
いくら「愛している」とラインで連呼しても、
(いつも負けてくれる)あなたは、私にとって都合がいい(勝たせてくれるので気持ちいい)、
と思われちゃうんだろうなあ。男側はどんどん冷めていくのを目の当たりにしました。

さて、個人的には、なぜ便座が上がっている/下がっているの二択なのか、疑問です。
「蓋」は何のためにあるのか。
蓋カバーが一般的に売られているのは、閉まった状態が美しいとされているからなのではないでしょうか。
日本のホテルだと、「消毒済」と印刷された紙がくるりと巻かれた状態で蓋が閉まっている印象があります。
モデルルームのトイレも蓋は閉まっている。
実際「蓋」は、そそっかしい人(私じゃよ)にとっては救いでもあります。
ヘアピンが飛んだり、化粧品の蓋が勢い余って飛んで、嵌った時には泣きたくなります。
そそっかしいひとは、自分のそそっかしさゆえ、蓋をしてもらえると助かると
自分に負があることを告げて協力をお願いすると、
同居し始めの愛にあふれている時期なら受け入れてもらえるのではないかしら。
また、その後の臭いは消臭スプレーだけでは難しいこともあります。
そそっかしくない人も、自分のもしくは同居人の臭い問題で蓋に助けてもらえます。
毎日使うトイレ。21日間続けると習慣になるといわれています。
3週間後には、「便座問題」が発生しない、使用時には蓋や便座を動かすトイレに変化を遂げているでしょう。

男女共用の職場のトイレは、昔は蓋が閉まっていないこともありましたが、
いつからともなく、常に蓋が閉まっているようになりました。
先日女性3人で泊まったホテルのトイレも、いつも蓋は閉まっていました。
ショッピングセンターのお手洗いで、勝手に蓋が閉まり、近づくと開くものもありますし、
手を近づけると蓋が開くものもあります。

「蓋」は大切なものです。蓋に愛と感謝を!

蓋への感謝の想いがほとばしり、ずれていきましたが、
書き始めたきっかけは、認識の差異で、男女がすれ違ってしまう、ということは理解できたけれど、
なんでこんなことがずっと問題にされているのかと分らなかったこと。ついでにブログネタにしました。

実際、まったく別の人間が二人以上住むというのは、難しいのでしょうねえ。
ぬいぐるみさんとの生活はまったく快適ですよ、ふふ。

Menu

プロフィール

たまり(ょ)

Author:たまり(ょ)
『マイメロ』の柊恵一さん中心感想や、奈良大淀病院事件の傍聴記録を書いていました。

現在は、感想や日記を時々。
スポットライト(好きな人しか目に入らない視野狭窄)状態で、片寄ってます。

何となくの傾向インデックス
・「某Oさん」や「花柄の君さま」などと表記させていただいている声優さんのファンなので御出演作♪
『おねがいマイメロディ』シリーズ(終了)
・『電王』以降のスーパーヒーロータイム
宝塚歌劇感想
・他ドラマなど
・医療破壊に関しては涅槃の境地にいけたらイイナ♪
リンク先=『麻生太郎オフィシャルサイト』さんスキー♪

チベットを知るために-人権問題(ダライラマ法王日本代表部事務所)

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

QLOOKアクセス解析

ブログ内検索

月別アーカイブ

なかのひと。